忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【 2017/06/23 17:30 】
CATEGORY [ ] 
pagetop ∴
大江 健三郎さんの著作、
『「新しい人」の方へ』を読み終えました。

2011110701.jpg

どの項目も勉強になりましたが、
とくに興味深く感じた箇所は、
「本をゆっくり読む法」というところです。

そのメッセージをこの本から引用します。

《「速読術」とか「速く読む法」とかいう本の広告を、見たことがあるでしょう?
そうした本が、若い人にとって、とくに子供にとって、良い本であるはずがない、
と私はいつも思います。
 こういう本は、子供のころから若い時にかけて、本を読む習慣をつけなかった人が、
なにかの理由で本を読まなくてはならなくなり、手を出す本じゃないでしょうか?
 大人になるまであまり本を読まなかった人が、そのような自分を作りかえようとつとめて、
よく本を読む人になることはあります。しかし、そういう人こそ、
「速読術」というような本で覚えた技術で、ある期間に沢山の本を読むのじゃなく、
ゆっくり確実に読んで、それからの生涯を、本当に本を読む人としてすごすのがいいはず、
と私はおもいます。》


大江さんは、本はゆっくり読んだ方がいいと考えているのですね。
うんうん。
なんだかホッとしたような感覚です。(=´ー`)ノ
-「確実に」というのがすごく大事ですが!-

------------------------------------------------------------
『「新しい人」の方へ』
大江 健三郎 著

内容(「MARC」データベースより)
「ウソをつかない力」をきたえて「意地悪のエネルギー」と戦う。
子供にも大人にも作れる人生の習慣。ノーベル賞作家の役に立つ贈り物。
『週刊朝日』連載をまとめて単行本化。「「自分の木」の下で」第2弾。
------------------------------------------------------------

でも、でも、でも、「本を速く読めたらいいのになぁ、、、」と、
いまでもちょっと思うなぁ、あはは。。。

今日もブログを読んでくれてありがとう。
PR

【 2011/11/07 12:46 】
CATEGORY [ 本 ] COMMENT [ 2 ] TRACKBACK [ 0 ]
pagetop ∴
<<『ゴッホが描いた星空』 | HOME | 『ワシントン・ナショナル・ギャラリー展  印象派、ポスト印象派 奇跡のコレクション』 と『フェルメールからのラブレター展』>>
コメント
なるほどなるほど・・・。
確実にじっくり読む!その方が身につくことは確かですね。
だいたい、紙媒体がとても面倒に思う時代、じっくりいい本を読むこと自体が少なくなっていますね。
いい本を選んでゆっくり読む、忘れています(・_・;)

私も、大の冬嫌い、今年は寒波が到来する!?とか聞くと、もうそれだけで参った!っつう気分デス。
【2011/11/10 14:47】
WEBLINK [ ] NAME [ りっちゃん #57507d060d ] EDIT [ ]
Re:無題
はいー、りっちゃん、ありがとです^^
そうですかぁ、りっちゃんも寒いのは苦手なのですねぇ。

私、もともと、寒いのが苦手なうえに、
気温が低くなると足の関節が固まってしまって、
動かしにくく、歩きにくくなるのですよ~。。。
なかなかダメな感じです。
【2011/11/13 14:18】
大の本好きなぼくですが、最近はなかなかじっくり読むのがつらくなってしまいました。。。なぜだろう。
そのかわり、内容を何度も何度もよんで理解しよう、という読み方に変わってきましたよ。

あ、最近といえば「With G」もじっくり聴いています。
【2011/11/15 13:34】
WEBLINK [ ] NAME [ 池亀 #224b68d1de ] EDIT [ ]
Re:お久しぶりです。
池亀さん、こんばんはー。^^

そうなのですねぇ。。。

うんうん、うんうん。

私のCDをじっくり聴いてくれているのですねー。^^
ありがとうございます!!とっても嬉しいです!!
【2011/11/16 21:31】
コメント投稿














trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]