忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【 2017/12/14 15:28 】
CATEGORY [ ] 
pagetop ∴
私が、「Grass Nation.(グラスネイション)」(2人組のユニット)
として活動していたころのことです。
10年くらい前かな?

本屋さんで、
平野啓一郎さん著作の『日蝕』を見つけて読んでみました。
ですが、「なんだか難しいなぁ」と感じてしまって、
ものがたりの前半くらいで、読むのをやめてしまったと思います。
(´・ω・`)

それ以来ずっと、押入れに眠っていたのですが、
先日、本棚を整理していたところ、
この本が出てきたので、もういちど読んでみることにしました。

2012011901.jpg

今回は、
「やっぱり難しい、でも苦痛じゃないし、むしろ快い!!」
と、思いました。
そして、読み進んでいくなかで、すごくこころ惹かれた文章がありました。
その箇所を引用します。

《我々は、如何なる理由を以てしても世界を憎むことは出来まい。
何故なら世界は、神に触れたその瞬間に、創造よりして再度、
真に偉大なる価値を得た筈だからである。
神が自ら下り、生きたと云う唯その一事を以て、
──唯その偉大なる慈愛の故に、我々はこの世界を愛し続けねばならぬのである。》

すごくいいなぁと感じました。
ちゃんと意味を理解してそう感じたわけではないですけど、、、

-------------------------------------------------------------------------
『日蝕』
平野啓一郎 著

内容(「BOOK」データベースより)

現代が喪失した「聖性」に文学はどこまで肉薄できるのか。
舞台は異端信仰の嵐が吹き荒れる十五世紀末フランス。
賢者の石の創生を目指す錬金術師との出会いが、神学僧を異界に導く。
洞窟に潜む両性具有者、魔女焚刑の只中に生じた秘蹟、めくるめく霊肉一致の瞬間。
華麗な文体と壮大な文学的探求で「三島由紀夫の再来」と評され、
芥川賞を史上最年少で獲得した記念碑的デビュー作品。

内容(「MARC」データベースより)

異端信仰の嵐が吹き荒れるルネッサンス前夜の南仏で、
若き神学僧が体験した錬金術の驚異、荘厳な光の充溢、
そして、めくるめく霊肉一致の瞬間…。
現役大学生が聖文学を世紀末の虚空に解き放つ。
------------------------------------------------------------------------

とてもよかったです。(*'-'*)

今日もブログを読んでくれてありがとう。
PR

【 2012/01/19 15:51 】
CATEGORY [ 本 ] COMMENT [ 1 ] 
pagetop ∴
<<『草間彌生 永遠の永遠の永遠』展 | HOME | 『幸福論』>>
コメント
すごい読書力に、読書量ですね。この手あいの本、買ってはみたものの・・・が私たくさんありますが、読む力の大不足です。。。芥川賞も直木賞も次から次で網羅できず、音楽もK-POPについていけず・・・いやはや(・_・;)
【2012/01/29 20:10】
WEBLINK [ ] NAME [ りっちゃん #9377ec2db2 ] EDIT [ ]
Re:純文学!!
りっちゃん、こんにちはー、ありがとうです。^^

そういってもらえて嬉しいです!!
ですが、、、
読書力も読書量も全然です。。。

もっと本を読んだり、何かをイロイロ見たり聞いたりして、
たくさんいろんなことを学び、勉強していきたいと思っていまっす。
【2012/01/30 17:29】
コメント投稿














FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]