忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【 2017/06/23 17:38 】
CATEGORY [ ] 
pagetop ∴
夏川草介さん著作の『神様のカルテ』を読みました。

2012052901-1.jpg

---------------------------------------------------
『神様のカルテ』
夏川草介 (著)

(Amazon.co.jp 内容紹介 より)
栗原一止は信州の小さな病院で働く、悲しむことが苦手な内科医である。
ここでは常に医師が不足している。
専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、睡眠を三日取れないことも日常茶飯事だ。
そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。
大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。
最先端の医療を学ぶこともできる。
だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、
精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。
悩む一止の背中を押してくれたのは、
高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。
第十回小学館文庫小説賞受賞作。
---------------------------------------------------

こころがあったかくなる小説でした。

以前から何度も考えてきた、
「延命治療」
というものについて、この本を読み、また考えました。

小児の場合、老齢の場合や、そのほかのケースにおいても、
違うと思いますし、
その、時と場合によっても、
「最適であろうと考えて」おこなう処置も違うはずです。

何度も考えてきましたが、
いまもなにが是なのか、なにが非なのかわからないままです。
(「是」と「非」があるのかも、正直まだわからないのですが、、、)

でもひとつだけ、自分のなかにはっきりとしたものはあります。
「生きよう」
と、する気持ちそれを応援したい!!
その思いです。

最後に、この本を読んで、
いちばん私のこころに残った箇所を引用します。

《私は改めて実感する。悲しむのは苦手だ、と。》

今日もブログを読んでくれてありがとう。

PR

【 2012/05/29 14:21 】
CATEGORY [ 本 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
<<『神様のカルテ2』 | HOME | 「金環日食」>>
コメント
コメント投稿














FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]