忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【 2017/06/23 17:29 】
CATEGORY [ ] 
pagetop ∴
金子みすゞさんの詩ってホントいいなあ。

みすゞさんの作品は512編あるそうです。

私はまだちょっとしか知らないのですが、、、


“こだまでしょうか”

09101202.jpg

この詩、
好きだなあ。


“こだまでしょうか”


「遊ぼう」っていうと
「遊ぼう」っていう。

「馬鹿」っていうと
「馬鹿」っていう

「もう遊ばない」っていうと
「遊ばない」っていう

そうして、あとで
さみしくなって、

「ごめんね」っていうと
「ごめんね」っていう

こだまでしょうか、
いいえ、誰でも。


言葉ってとっても大事でとっても繊細なもの。

自分の発した言葉で相手を傷付けてしまったら、
いつかかえってくる。
自分が相手の言葉によって、
傷付けられた、腹を立てたのなら、
それは自分がしてきた事、発してきた事が
こだまして、自分にかえってきただけなんだなぁ。

やっぱり嬉しい言葉、楽しい言葉がかえってきて欲しい、
そう思うんだったら、
自分がちゃんと実践しなくちゃね。


09101201.jpg



『金子みすゞ こころの宇宙』
この本は矢崎節夫さんが著者で、
みすゞさんの作品や、
生い立ち、
作品を見つけ出すまで、などが簡単に書かれてあります。

もっと詳しく知りたいのなら、
『童謡詩人金子みすゞの生涯』
を、ということです。

矢崎さんは
みすゞさんの詩
“大漁”
に惚れ込んで、
隠れていたみすゞさんの作品達を捜し出した方です。
ほんと矢崎さんに感謝だなぁ、
みすゞさんの作品を見つけだしてくれたんだもんなぁ。

みすゞさんの作品は、
素敵な詩ばかり。
出会えて嬉しいです(^-^)~♪

この本で矢崎さんが
書いているように、
-うれしいことば-
がこだまして、大好きな人たちだけでなく、
虫や木も草も、風も光も、昼も夜さえも、
すべてがうれしくこだまし合えたらいいなあ。



今日もブログを読んでくれてありがとう。
 
PR

【 2009/10/12 15:30 】
CATEGORY [ 本 ] COMMENT [ 1 ] TRACKBACK [ 0 ]
pagetop ∴
<<痛くなるとはなんたることか!! | HOME | 『兎の眼』『太陽の子』>>
コメント
言葉はね・・・・思い出にもなる・・・。
大事だね・・・でも、若い頃は無造作に発してた。

今も感情で話すけど・・・・いつも思う・・
伝えることの難しさ・・・だから・・心だけは
感謝と此処に居ることの幸せを忘れないでいたい。
上手く話せなくても思いは伝わると信じて・・。
【2009/10/12 16:39】
WEBLINK [ ] NAME [ まや #9377620724 ] EDIT [ ]
Re:無題
こんばんわ、まやさん。
ありがとうございます~(*'ー')/

うんうん、
ほんとそうですね、
上手く話せなくても思いは伝わると信じて・・
【2009/10/12 21:26】
コメント投稿














trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]